Fujidou当薬局について

満足のいく富士堂の漢方

  • 許 志泉
    (きょ しせん)
  • 所長 医学博士

【経歴】
1963年 江蘇省に生まれ
1987年 南京中医薬大学中医学部 卒
1987年~ 南京中医薬大学 内科医師 助手、講師、南京中医薬大学学報編集など歴任 1996年医学修士号取得。臨床や研究に携わる
1998年 順天堂大学医学部・膠原病リウマチ内科学 入局
2003年 順天堂大学 医学博士取得
2004年~ 富士堂漢方医学研究所(元・富士堂東洋医学研究所) 所長

【所属学会】
日本東洋医学会 日本リウマチ学会
日本臨床免疫学会 富士堂方証医学研究会

【趣味】
卓球、写真、読書、山登り

【研究業績/著作】
1. 著作:許志泉,漢方求真 体質・症候・病から探究する薬方の証,東京,桐書房,2018年10月 
2. 著作:黄 煌、範欣生、施 誠、傅 雷、許志泉,張秀春、周建英、徐 力,方薬心悟――名中医処方用薬技巧(訳:方剤、漢方薬における心得――有名中医師による漢方の使用の技),南京,江蘇科学技術出版社,1999年
3. 著作:項平、許志泉,常見病毒病的中医診治(よく見られるウイルス感染病における中医学の診断と治療),北京,人民衛生出版社,1998年6月
4. 著作:中医論文と寫作(中医学関係の論文とその書き方):済南,山東科学技術出版社,1996年
5. 著作:周仲瑛、範欣生、許志泉、周建英、徐力,中医薬理論与臨床研究論叢(’95),北京,中国商業出版社,1995年
6. 著作:周仲瑛、範欣生、徐力、周建英、許志泉,中医薬理論与臨床研究論叢(一),北京,中国商業出版社,1994年
7. 著作:周冠虹、顧武軍、蔡剣前、潘青海、許志泉、姚徳鴻,現代家庭医学全書(上、下),上海,上海中医学院出版社,1994年
8. 著作:許志泉、宋為民,生物鐘養生(訳:体内時計による養生),北京,中国医薬科技出版社,1994年
他の論文と講演や学会発表は許志泉主要研究業績目録をご参照ください:https://fujidou.com/kamposhiryou/kyogyouseki.pdf

私は、1987年7月、南京中医薬大学を卒業し、大学附属病院で10年間あまりの臨床、研究をしました。
その間に沢山の先生から教わりました。特に内科・針灸学家の陳太羲先生、婦人科の夏桂成先生、耳鼻咽喉科の干祖望先生、経方家の黄煌先生、鍼灸学家の梅剣寒先生などの恩師から中医学の真髄をみれることができました。
1998年来日して順天堂大学医学部膠原病リウマチ内科にて、橋本博史恩師のもとで難病や免疫学の研究を従事しました。「全身から診る大切さ」は改めて現代医学から理解を深めることができました。
中国では、中医学が西洋医学と対等の地位をもって、医学の両輪とされています。患者様のために、自分の日々の努力の大切さが痛感しております。漢方医学のため、自分の一生を投じて努力し続けると心で誓っています。
日本の患者さんの体質やメンタリティについても理解しています。多くの患者さんに接し、中国本国とは違った体質傾向や文化の違い、言葉によるコミュニケーションについても知りました。
「腹を割った」お話がきっとできると思います。患者様の体と心の声に耳を傾けます。私は常に患者様の元気と幸せを願い、愛情を持って漢方相談を行っています。それが、東洋医学の「医の心」です。
どうぞ、お気軽にリラックスして、心を開いてあなたの悩みをお話しください。自分は沢山の病状を治せないことがまだ多々あると思いますが、全力で皆さんのお悩みを解消します。   

  • 張 冬(ちょう とう)
  • 中医師 漢方不妊アドバイザー

【経歴】
2008年 中国浙江中医薬大学医学部 卒
2008年 浙江省中医院 研修医
2011年 千葉大学和漢診療科
2013年 富士堂漢方医学研究所・富士堂漢方薬局
現職 富士堂漢方医学研究所:研究員(不妊症・婦人科・皮膚科・生活習慣疾病方面)
富士堂漢方薬局:総店長・不妊漢方アドバイザー

【所属学会】
日本不妊カウンセリング学会 研究業績/論文

【富士堂研究会発表テーマ】
2012年7月:チョコレート嚢腫の漢方治療
2013年4月:漢方と体質
2013年11月:掌蹠膿疱症に漢方治療が有効であった2例報告
2015年1月:下痢に対する漢方治療
2015年2月:生理痛、その原因及び漢方治療
2015年10月:風邪症候群の漢方治療
2015年11月:月経不順の漢方治療
2016年1月:更年期障害における診断及び漢方治療
2016年1月:アトピー性皮膚炎における漢方治療
2016年3月:女性不妊症における漢方治療
2016年8月:子宮筋腫の鑑別診断及び漢方治療
2016年9月:乾癬に対する漢方治療

人間は、「和」という状態であるからこそ健康といえる、私はそう思います。すべての病気は、何らかの原因でその「和」が乱れるからに他なりません。天然漢方を用いる中医学(漢方医学)は「調和」を目指す最高の医学です。
私は、富士堂東洋医学研究所で、中医学(漢方医学)に基づいて、不妊症・自然妊娠・妊娠力アップ・妊娠しやすい体質づくり、そして漢方不妊治療などを念入りに研究しております。
「妊娠」を「授かる」に、「不妊」を「まだ授かっていない」に、言い換えたほうがよいと、私はいつも患者さんにお勧めしております。「不妊」という言葉が脳にあると、心がそう思ってしまうからです。
「授かる」ためには「意志力」、「精神力」、「体力」、「平常心」が大事です。私は自分のベストを尽くし、あなたと一緒に漢方の力で、「子宝を授かる」よう頑張ります。
卵子の老化に負けない妊娠力アップのために、中医学(漢方医学)の理論と方法で心身全体からみて治療し、「より自然、より安全、より無理なく授かる」ことは私が目指す漢方不妊治療です。
一組でも多くのご夫婦が子宝に恵まれることを、願って、願ってやみません。
不妊症から卒業の道(先輩ママたちの声などいろいろな情報が登載) 詳しくはブログへ

  • 伊藤 英子
    (いとう ひでこ)
  • 相談薬剤師

【経歴】
東京都生まれ
1976年 東京薬科大学薬学部 卒
卒後、製薬会社研究所、漢方相談薬局、調剤薬局勤務、薬局開業などを経て
2015年 富士堂漢方薬局入社 渋谷店勤務 現在に至る

【資格】
薬剤師
国際中医薬膳管理師
東京都薬用植物園指導員
建築物環境衛生管理技術者
学校薬剤師

【趣味】
旅行、ガーデニング、映画・音楽鑑賞、スキーなど

卒後、西洋医学の対症療法だけでなく東洋医学の全身療法に興味を抱き、漢方薬の勉強を重ねて、早30年以上になります。永年による漢方相談の経験を活かし、患者様に寄り添い、心と身体に優しい漢方薬で根本改善ができるようにと努めています。
また「医食同源=薬食同源」に基づき、季節や体質、症候に合わせた毎日の食事や養生法は大変重要です。患者様の心身の声に耳を傾けたカウンセリングとアドバイスを心がけ、笑顔になっていただけることを願っています。

  • 入多 裕
    (いりた ひろし)
  • 国際中医師/薬剤師

【経歴】
1975年 愛媛県出身
1997年 徳島文理大学薬学部卒業
1999年 同大学院薬学研究科修士課程修了(苔類の成分研究)
1999年~2003年 九州、関西の調剤薬局で調剤業務に従事
2003年 上海中医薬大学中医学専門留学勉強
2007年 横浜市内の漢方兼調剤薬局で漢方、調剤業務に従事
2009年 国際中医師取得
2017年 富士堂漢方薬局

【資格】
薬剤師
国際中医師
産業カウンセラー

【趣味】
味噌作り、梅干作り、散歩、植物観察

【特技】
酸辣湯が上手に作れる、太極拳

患者様に寄り添い、お悩みをじっくりと「傾聴」することを心がけております。
体質改善、健康のためには、日頃の生活習慣、食事習慣そして場合によっては、物事に対する考え方の習慣に気づくことが大切であると考えております。
ご自身、ご家族の体、こころの不調を感じる時、お気軽にご相談ください。
私は皆様の健康のために、全力を尽くします。

  • 関田 由樹
    (せきた ゆき)
  • 薬剤師

【経歴】
埼玉県生まれ
2009年 慶應義塾大学薬学部卒

【趣味】
旅行、ピアノ、舞台鑑賞

卒後、製薬会社に就職し6年間、西洋医学の医療現場で医薬情報活動に従事しておりました。
しかし、高度に進んだ西洋医学を駆使しても解決できない不調や病気があると痛感し、
そのような中で漢方医学に出会いました。
漢方薬はとっつきにくいというイメージがあるかもしれませんが、長年悩んでいたことが、漢方の力であっさり解決することもあります。どうかあきらめないでください!漢方は、もっと身近で生活の一部になりうるものです。
「ちょっと疲れたかな?」「風邪かな?」どんなお悩みも気軽にご相談ください。

Contactまずはご相談ください

富士堂漢方薬局
(営業時間10:00~19:00)

渋谷店
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-6-8清水学園ビル1F
定休日:毎月第2,4,5の日曜日、祝日
TEL.03-6434-1388

飯田橋店
〒102-0071東京都千代田区富士見2-3-1
定休日:日曜、月曜、祝日
TEL.03-6380-9964